リバイブラッシュ

リバイブラッシュの使い方をちょっと工夫するだけでボリュームがマシマシに!

魅力的な表情には目元の印象はとても大切です。まつ毛には周期があり、健康であっても抜け落ちてまた生え変わるのですが、それが普段のマツエクやビューラーなどの負担や加齢などが理由で生えてこなくなったり細くなったりコシが無くなったり生えてこなくなったりしてしまいます。そんな時にリバイブラッシュがまつ毛を「育毛」してくれると今とても話題になっているのです。せっかく使うのであれば、正しい使い方で多くの効果を実感したいものです。そこで口コミなどを元に工夫した使い方や効果を実感した使い方を紹介します。

リバイブラッシュの効果的な使い方

基本的な使い方は他のまつ毛美容液などとあまり変わりません。普通のマスカラを想像してください。まつ毛の根元からしっかりと毛先に向けて塗る、というものです。この時に押さえておきたいポイントがあります。それは…
・根元から毛先までムラのないように塗る
・メイクやスキンケアも一切していない状態で塗る
・根元や皮膚にもたっぷりと塗る
このポイントを外して使い方を中途半端にしてしまっては効果も得られません。以上3点のポイントを押さえながら使い方を見ていきましょう。
まず、メイクや汚れをクレンジングでしっかり落としまつ毛や目の周りをスッピン状態にして使います。これは育毛の成分や補修成分が汚れやメイクなどの脂分で浸透しなくなってしまう為です。洗顔した後や、お風呂上りなどスッピンでの使用が一番効果を得られます。そして、まつ毛の根元はもちろん周りの皮膚にも栄養をあげましょう。まつ毛の先にだけ塗る人もいますがこれは間違いです。より浸透させるためにまつ毛の毛根や生え変わってこれから生えてくるまつ毛にも届かせましょう。一番いい時間帯は夜です。新しく生えてくるまつ毛の成長やダメージの補修などは夜されます。寝る前にしっかりと栄養を与えてあげると夜の間にしっかり浸透し、睡眠でターンオーバーの効果も上がるので更に期待ができるでしょう。そして朝のメイク前にもう一度塗りましょう。これは日中の外部からのダメージからまつ毛を守る役目もあります。朝などメイク前に塗るとその上にマスカラが塗りやすい、という口コミもありました。

目の際、目に入ったら?

やはり栄養を吸収するのは毛根から。まつ毛の根元や皮膚にも栄養を与えたい、となると目の中に入ってしまう可能性もあります。そんな時にしみてしまったり痛みがあったりすれば「まつ育」どころではなくなってしまいます。それが、リバイブラッシュは目に入ってしまっても全くしみる事がなく安心して塗る事ができるのです。匂いも刺激もないこの理由は、副作用を起こすとされる石油系の界面活性剤・防腐剤などの17種類の添加物を除き、完全な低刺激を追求したからです。敏感肌の方でも安心して使用できます。また、パッチテストでは4種類の育毛成分や8種類の補修成分が含まれますが全てに於いてクリアしています。更に、眼の刺激性・皮膚への刺激性・感応性・累積刺激性の試験に加え上記のパッチテストの計5つの試験を通った事も、安全性の保障となっています。

使い方も含めた口コミのまとめ

・使用して1ヶ月。見てわかるほどまつ毛が育っている。朝晩1日2回使うがコスパも良い。
・1日1回特に時間は決めず気付いたらぬっている。使い始めて2週間なのでまだ効果の実感はないが、以前使っていた美容液は目にしみて痒みも出たりしたがリバイブラッシュは液だれもなく塗りやすい上に副作用もなく安心できるのでまだしばらく続けてみる。
・友人と一緒に使い始めて私は効果あり友人は効果なし。個人差があるのかも。私は「まつエクしてるの?」とよく聞かれるようになった。
同じ物を使っているのに個人差が出るのはなぜか…その理由のひとつにやはり使い方が関係している場合もあります。これは本当にもったいないです。確実に効果を感じられる様、使い方もポイントを守って楽しく「まつ育」をしていきたいですね。